2016年4月16日土曜日

納得できないスマホの料金形態



スマートフォンの利用料金明細を見て毎月の事ながら納得が行かず、「この料金形態っておかしくないですか?」と言いたくなります。

いくらデータ通信定額制だと言っても、280万円もの大金がデータ通信に使われ(使ったのは自分ですが)、まるまるその分が値引きとなっています。
こんな事って有って良いのかといつもながら不思議です。

今月は特にデータ量が多かったけれど、少ないときでも100万円を切ることはありません。

iPadとiPhoneを仕事に多用しているとは言え、100万円超の通信費を払って元を取れる仕事なんかどこにも無いでしょう。

そもそも大元の料金設定が変だと言わざるを得ないでしょう。
もしもデータ通信定額制に加入していなかったら、請求額が280万円にもなったと言うことです。

考えると恐ろしくなります。

画像データや動画を毎日やりとりする現代社会にあって、この料金形態、と言うか料金の表示方法そのものがユーザーを騙しているようでなりません。