2019年4月22日月曜日

またしても大規模テロ発生


スリランカでまたしても大規模なテロが起きてしまった。

なぜスリランカで?と不思議になるが、報道によると「政治的・宗教的な問題と言うより、警備が緩くテロを起こしやすかったのでは無いか?」との意見も出ています。

そうなると人混みが多く、一度に大量に人的被害を起こしやすく、「治安が良くてテロとは縁が無い」と思っている日本で起きる可能性もかなり高いのでは無いかと心配になります。

オリンピック前に日本でテロを起こせば、世界的な影響も大きい事から、テロリストにとっては絶好の場所となりうるでしょう。

なので、オリンピックにに向けて徹底的なテロ対策をして頂きたいと思う次第です。

2019年4月1日月曜日

宅建業法大幅に改正される

31年間続いた平成が幕を閉じ、新元号「令和」が発表されました。

国土交通省はこれに合わせたかのごとく、4月1日付で宅建業法の大幅な改正を発表しました。

細かい点まで含めるといくつかありますが、一番大きな変更点は取引士の扱いです。

今までは一事業所の営業社員5名に1名の取引士が在籍すれば良い事になっていましたが、やっとアメリカ並みに全員が資格を有している事を求めています。

取引士は今まで通り5名に対し1名で良い事に変わりはありませんが、今まで無資格で良かった不動産営業社員全員に、取引士若しくはセールスパーソンの資格が必要であるとしました。
適用猶予期間は施行より3年以内とされていますので、令和3年3月31日がその期限となります。

これによって不動産取引における事件・事故が激減することが期待されます。

エイプリルフールです。

2019年3月30日土曜日

中高年の引きこもり

テレビのニュースでも取り上げていた「中高年の引きこもり長期高齢化」問題。
仕事上でも高齢者の孤立化、孤独化が気になっていたのだが、今回の引きこもりは高齢者ではなく、その子供である40歳から64歳を対象に初めて調査された結果だそうです。
その実態が新聞の一面記事でも発表されました。


引きこもっていても生活ができる環境が有るからと言えばそれまでだが、その人達を支えているのは高齢者の親や身内の家族です。
テレビゲームやインターネットの普及で人と直接関わることが減ったことも、引きこもりの原因になっているような気がします。
社会で人と関わるより、自分の部屋に閉じこもっていた方が楽なのでしょう。
社会が複雑で多様になってきた昨今、「この社会から離れればどんなに楽だろう」と考えた事は誰でもあるのではないでしょうか。
実際にはそう感じても、殆どの人は気持ちを切り替えて社会の荒波に立ち向かって行く訳ですが、何かのきっかけでその気持ちが失せてしまうのでしょう。
私は心理学者でも社会学者でも無いので実態は解りませんが、何らかの策を講じなければもっと増えるのではないかと思います。
いろいろなものの進化で昔より全てが便利になり、生活しやすくなった現代で、その社会から孤立してしまう人達がいるとうのも何だか皮肉な感じがします。


2018年6月17日日曜日

ドローンの飛行許可が下りてきました。

先月末、国土交通省航空局へドローンの飛行許可申請を出していましたが、6月6日付で飛行許可が下りてきました。


私が申請したドローンの機体は、アメリカGoPro社が発売している「Karma」という名称の物です。

ドローンの独占企業、中国「DJI」の主だった機種は国土交通省に機体の届出が有り、比較的すんなり許可が下りるのですが、私が購入したGoPro Karmaは国土交通省に届出が無いため、いろいろと細かな仕様などのデータ提出を求められ、それに結構手こずりました。






ドローンを飛行させるためには、操縦する人間のスキルに関する審査と、車の車検と同じく、機体に関する審査が有ります。

ですので、許可証には許可番号が2種類付いています。

たった1枚のペロンとした紙切れ一枚ですが、これ無しに飛ばすと車検切れした車を無免許の人間が運転するのと同じです。

また航空法では飛行禁止エリアが明確に決められており、航空法違反は刑法犯となるので、場合によっては前科が付くし、罰金は50万円以下と結構重罪です。

警察官を殴ったりする公務執行妨害罪が禁固または罰金50万円以下とのことなので、これに匹敵するほど重い罪になります。

飛行許可が下りたからどこでも好きなだけ飛ばせる訳では無く、一定のルールに則って飛ばさなければならない訳ですが、そもそも当社の場合、遊びで飛ばすと言うよりは、足場をかけるのが大変な屋根や高所の壁面調査など、建物簡易診断・状況調査のために飛行させるのが目的です。

ですので、選んだ機種も飛ばして楽しむという部類の機体では無く、撮影を主目的としたカメラ重視のあまり飛行速度は速くない機種です。

撮影が主目的なので、飛ぶと言うよりも、その場でじっとホバリングし、一個所に固定されたように揺れないで動かない事が大事になります。

ドローンレースなどでは操縦性とスピードが求められますが、当社の機種はこれとは全く真逆な機種となります。

やっと正式に許可が下りたので、これから必要なときに必要な場所でドローンを飛ばし、建物状況調査を実施して行きます。

高所の確認が出来ず困っている物件が有りましたら、調査にご協力しますのでどうぞお気軽にお問い合せください。

E-Mail:info@rabbithomes.co.jp
TEL:03-3926-0486

実際に飛ばす際には、「物珍しさで人がよってきて危ない」と言う話しも聞きますので、写真のような注意喚起の立看板を置き、なおかつ複数人で安全を確認しながら調査飛行をして行きます。


2018年6月9日土曜日

2018年5月18日金曜日

空撮用ドローン「GoPro Karma」がやってきた。

昨日、当社に空撮用のドローン「GoPro Karma」がシンガポールから届きました。






数あるドローンの中でも、アクションカメラで有名なGoProが撮影のために作ったドローンです。
つまり、飛ばして楽しむと言うよりは、空撮で楽しむというジャンルの機種になります。



飛行に関しては殆どが自動で行われ、ドローンパイロットは飛ばすことより写真撮影に集中できる訳です。

購入したドローン「Karma」に組合わせたカメラは、GoProの最新鋭機「Hero6 Black」です。

Hero6 Blackは前機種「Hero5 Black」の2倍のパフォーマンスを発揮するとのことで、4K高画質での動画撮影が可能です。





このドローンで何をしようかと言うと、建物状況調査です。
足場をかけたり、大型のハシゴを架けなければ出来なかった高所の壁面や屋根、上に上がれない屋上の状態などをドローンで調査し、大規模改修に向けた調査をより正確に、そして安価に行おうと考えています。
しかし、ドローンは今までに首相官邸の屋上に落ちるなど、数々の墜落事故を起こして来た為、2015年に行われた航空法の改正により、ドローンを飛ばすには国土交通省その他に飛行許可申請を行う事が義務付けられました。
買ったからと言っていつでもどこでも飛ばすことは出来ず、トイドローンと言われるおもちゃの小さなもの以外は、飛行許可を得なければ自由には飛ばせないという事になっています。
ですので、当社はこれから準備を進め、国土交通省に今回購入した「GoPro Karma」の飛行性能などを記載した書面を添えて申請を出します。
ちょっと心配なのは、国土交通省ではドローンにプロペラガード付けるように指導しているのですが、この「GoPro Karma」にはプロペラガードが有りません。
プロペラガード無しで申請が通るか?否か?やってみないと解らない面がありますが、取り敢えずチャレンジしてみます。