2008年7月29日火曜日

練馬に緑が増える

練馬区は平成20年6月1日、「みどりを保護し回復する条例」を廃止し、「練馬区みどりを愛し守りはぐくむ条例」を施行しました。



これは年々減ってしまった練馬区の緑を回復するための苦肉の条例変更なのでしょうが、練馬区は緑化回復にかなり力を入れていることには間違いありません。



当社のすぐ裏には5千坪にも及ぶNTTの社宅がありました。
その跡地を取得したのはマンションデベロッパーではなく、なんと練馬区でした。



平成23年に旧NTT社宅跡地は緑豊富な公園に生まれ変わります。



既に社宅解体は八割方完了し、広大な空地が出来上がりました。



ビックリすることに風の流れが変わり、周辺の風通しは建物があった時とは全然違います。



やはり、空地と緑はとても大切な生活の源、だったことが良く解ります。



練馬区はとても頑張っていますよ。



住むなら練馬区!