2009年5月13日水曜日

政治の主目的とは?

政治の主たる目的とは何だろう?



国を良くする事!国民生活を豊かにすること!経済を成長させること!etc・・・



いろいろあると思う。



日本の政治はどうだろう?



各党はマニュフェスト等でいろいろと政策を掲げているが、政治家の実際の行動を見ていると政策を実行することより、選挙に勝つことを最優先にしているとしか私には見えてこない。



次回の選挙で自民党は政権を取れないだろうと言われていた最中。
小沢氏の西松問題で一気に形勢が逆転、今度は民主が劣勢と言われ、おそらく自民党内部ではほっと一息ついた所だったろう。



一面トップで扱われた民主小沢代表の辞任劇。
これでまたもや形勢はどっちが有利か解らなくなって来てしまった。



どっからどう見ても、両党とも政策よりも戦略が優先しているのが現実。



どんなに奇麗事を言っても、「勝って政策を実行できる立場に居なければ意味が無い」のも事実。



このあたりのバランスが一番難しいところだが、世襲議員が30%を超えたとも聞く昨今、真に骨があって指導者たるリーダーシップを発揮できる政治家が少なくなってしまったのは寂しい限りです。



政治の弱体化は、ものを言わない我々国民も悪いのでしょうが、政治の主たる目的をしっかりと実行できる、真のリーダーの出現を願うばかりです。