2009年10月24日土曜日

景気はこの先どうなる?

先日、TVで馴染みのある経済評論家(経済学者)の講演を聴いてきました。



自民から民主に政権が変わって約1ヶ月、まだまだ「Change」に対する期待感と清き誤解が交錯している時期なので判断は今年いっぱい掛かるでしょう。



現政権が存続できるか否かは年末頃には先が見えそうです!が、しかし・・・経済は大きく好転する事は残念ながら無さそうです。



何故でしょう?





私も忘れかけていた事だったのですが、この講演を聴かせていただき、経済の原則は数の原理だという事を再認識させていただきました。



「生めや増やせや!」で人口増加傾向にあった時は日本が世界経済を牽引していました。



今は????



日本から外資が手を引き、投資の資金も日本離れが進んでしまった最大の原因、それは日本の人口減少が大きく起因していたようです。



「BRICs」と呼ばれる、ブラジル (Brazil)、ロシア (Russia)、インド (India)、中国 (China) 、人口が増え続け、それと正比例するように経済が成長している国々です。



それじゃあ日本は今後どうする?



安心して子供を産み、子育てをし、一人よりは二人、二人よりは三人と子供を沢山生んだ方が税務の恩恵を受けるような政策が必要になって来ました。



そろそろ本気で人口増加対策を考えないと、日本はこのまま世界に飲み込まれ淘汰されちゃいますよ!と、この講演を聴いて改めて危機感を感じた次第です。



日本経済をコントロール出来るのは誰か?



私は日本経済に影響力をもたらすような立場では無いですが、「出来る時に、出来る人がする!」を、少しでも影響力のある人がもうちょっと、私利私欲は横に置いて頑張って欲しいな!と本音で思ってます。