2012年11月16日金曜日

如何なものか?年末の解散総選挙

明日衆議院を解散し、12月16日に総選挙という記事が朝刊を飾り、昨晩街では号外が配られたらしい。



IMG_2085

IMG_2086


この年の瀬に来て解散総選挙、しかも東京都知事選とのダブル選挙。
国民感情は如何なものだろう。
少なくとも私は「諸手を挙げて大賛成」とは決して言えない! 


石原慎太郎は無責任にも任期途中で東京都に見切りを付け、老いると赤児に戻ると言うが正にそのままで新しいおもちゃに興味を示して都民はそっちのけ。
景気回復の起爆剤「東京オリンピック招致」はどうなるのだろう?


野田政権もまともに仕事の出来る大臣不在で次から次へと問題続出。
大震災後の「災害復興は待った無し」状態なのに、一番大事な問題はそっちのけで「選挙は戦だ!」とのたまう。


第三極が結束し、力を付ける前に選挙を行おうと思ったのかも知れないが、まずは残り任期でしっかりと災害復興を実施するのが本来の姿では無いのか?


政権与党の民主も、現野党の自民も、そして第三極を形成する者達も、口から出てくる言葉は立派だが、本当に日本を良くしようと思う気持ちが残念ながら伝わってこない。


「勝って天下を取らなければ何も出来ない」これも事実だが、「勝ったら日本の為、国民の為に何をするのか?」これが残念ながら見えてこない。


勝つ為では無く、勝った後のしっかりとした計画を描き、信念を持って戦っている姿が見えない以上、今は誰も応援出来ない。


第三極が準備不足、国民は年末で忙しく選挙どころでは無い、どさくさ紛れに選挙をやれば何とかなるとでも思ったのであろうか?


野田さんは「思い通りに動かない民主党を解体しようとしている」ように見えるのは私だけでしょうか?