2014年5月4日日曜日

5月4日はスター・ウォーズの日

"MAY THE FORCE" be with you
5月4日(May the 4th)は「フォースと共にあらんことを」に由来するスター・ウォーズの記念日です。


ジョージルーカスが温めてきたスター・ウォーズは何故かシリーズ6作のうち、37年前の1977年放映エピソード4で始まり、1980年にエピソード5、1983年にエピソード6と3年毎にシリーズを発表して来ました。

始めて見た時には全く新しい感動を覚え、フォースの力を信じてライトサーベルを買い漁った記憶が甦ります。

そしてなぜこの展開になったのか?エピソード6からかなり時間が経った16年後の1999年、本来はシリーズ1作目のはずのエピソード1が公開されました。
やはり20年近くの時を経るとコンピュータグラフィックスの技術も大きく変わり、シリーズとしてはストーリーが繋がっていても全く別物のようなクオリティーになっていました。

そして今度も前回同様に3年毎の2002年にエピソード2、2005年にはエピソード3と続いたのですが、この頃になると1977年の初回作を見た者からしては映像を作りすぎている感じが強く、コンピュータグラフィックスの技術ではなく、実写感の強かった迫力映像から、如何にもコンピュータ合成で作られた映像にちょっとがっかりした記憶も有ります。

しかしスターウォーズ大好き人間としてはシリーズ全てのDVDは揃えてあるし、スターウォーズ展が開催されると必ず見に行っていました。


だからこそ変な進行をしたエピソード4・5・6、そしてそれに続いたエピソード1・2・3。
前作から10年ほどの間が空いて何故か前編に続く「エピソード7」が今年12月に放映されると言う一面全段広告がスター・ウォーズの日の今日掲載されていました。

本来は9部作で考えられていたらしいのですが、ジョージルーカスの公式発表では6部作。
今回エピソード7が公開される事になたのは、ルーカスフィルムがウォルトディズニーに買収された事を受けての事らしいので、そうなるとエピソード7に続いてエピソード8・エピソード9まで公開されてシリーズが完結する事になります。

ジョージルーカスとしては、公式コメントで6部作と言っている以上、本音としてはあまり嬉しくはないのかも知れません。
エピソード7でジョージルーカスは制作には関与せず、ストーリーの監修のみと言う事らしいです。

どんな作品になるのか?
期待を裏切るのか?
それとも新たな感動を与えてくれるのか?今から楽しみです。