2014年5月2日金曜日

ついに政府もIE使用停止呼びかけ



内閣官房情報セキュリティーセンターは4月30日付で全省庁にIE以外の閲覧ソフトを使うように対応を呼びかけ、「財務省・経済産業省文部科学省などがIE使用停止を指示した」と今朝の朝日新聞に掲載されていました。

Microsoftから修正パッチが出る迄はIE使用を控えるようにセキュリティーの専門家も言っており、これで一気にIE離れが進むとも報じられています。

確かにIE意外にも使いやすい閲覧ソフトは存在し、私は普段からCromeを使っていますが、Firefox等IEよりも動きが軽く使いやすいものが有ります。

元々は1994年にNetscapeNavigaterと言う閲覧ソフトがリリースされ、有料であったにもかかわらず一時は利用率90%と言う時代もあったようです。

その後MicrosoftがOSとの抱き合わせでIEを無償配布し、シェアを一気に奪って最大で95%もの利用率となった時期もありました。

その利用率を背景にしたのでしょうが、金融機関や保険会社その他非常に多くのサイトがIE用に最適化された為、IEで無いと正常に機能しないシステムが多々有ります。

我々不動産業界ではこれが無いと仕事にならないと言う流通機構「レインズ」も推奨ブラウザーはIEとなっており、それ以外のブラウザーだと一部の動作が機能しなかったりします。
だからIEが無いと仕事にならないと言うのが現状です。

今朝方のニュースでは「Microsoftが修正パッチを配布」と報じられていましたが、IE離れが加速するのは間違い無いと思われます。