2008年11月25日火曜日

ついに世界が見えてきた!

ゴルフの話しになりますが、石川遼は凄いですね!



とにかく攻めて攻めて、無謀とも思えるような攻めのゴルフを展開し、一戦ごとに驚異的なレベルでステージが上がってきたような気がします。



若いということは上達のスピードも速いのでしょうか?本当に一戦ごとにレベルアップしているのが見て取れます。



攻めすぎて失敗し、普通はそこで学習して守りに入ってしまうのだが、彼は攻めの姿勢は変えず、失敗したら守るのでは無く、より攻める方向に持って行ってしまう。



タイガーウッズが頭角を現してきた時とどこか似ている。
彼も当然タイガーの生き様を研究し、タイガーと最終組で一緒に回る姿を頭の中に描いているのかもしれない。



先日のダンロップフェニックスで追い上げに追い上げて2位まで上り詰め、ついに青木依頼の「世界で通用するプレーヤーが誕生した」と思ったのは私だけではないでしょう。



しかし若さという武器と共に、若さという弱点も併せ持っており、両刃の剣で自分自身を傷つけぬよう、良い成長を期待しています。