2008年12月17日水曜日

JALの社長に皆でエールを送ろう!

大企業の社長、しかし年収は960万円、通勤は都バス利用、昼食は社内食堂に並ぶ。



こんな記事が紹介されて大反響を呼び、心底応援したい気持ちになりました。



方やアメリカでは赤字会社が自家用ジェットに社長の年俸20億!



経営者は会社の業績によって自ら率先して倹約を実践する。



当たり前のようでなかなか出来ないことではあるのですが、日本企業が世界で通用するのはこのあたりの考え方にルーツがあるのではないでしょうか?



頑張れJAL!



頑張れ日本企業!