2010年4月27日火曜日

都宅協 会長選挙対策総本部発足

宅建協会の役員任期は2年、今年は役員改選期に当たり、練馬区支部でも役員に入れ替わりがありました。


東京本部でも改選期となり、2年前に僅差で会長選挙を征した池田行雄現会長も選挙となります。


対抗馬が出なければ選挙無くして二期目が決まったのですが、現時点では対抗馬が一人立っており選挙になることはほぼ確定となっています。


池田会長のお膝元、当練馬区支部では既に選対本部を立ち上げ、会長選挙に向けての準備がスタートしましたが、今日は選対の東京総本部の立ち上げです。


これで二期目必勝に向けての事前準備がスタートしました。


会長選挙は5月26日(水)に行われますが、4月30日が立候補受付開始、5月11日が立候補〆切りとなります。


各支部にて決定した選挙人(本部理事・代議員)は5月6日までに最終決定しますので、ゴールデンウィーク明けから暑い暑い選挙戦が本格的にスタートします。


ちょっと懐かしいですが、下記ビデオは2年前に池田さんが会長選挙に挑んだ際に収録した「五つの提言」です。


あらためて見てみると、2年前の選挙戦が思い出されます。
結構みんな我を忘れ、無我夢中で暑く燃えていました。