2015年9月3日木曜日

まるで他人事


新聞テレビで大騒ぎになっているオリンピックエンブレム問題。

当の責任者五輪組織委員長の森元総理は昨日の会見で「えらい目に遭った」と発言したと報道されました。

世界中に大恥をさらし、それを更に助長するようなこの発言。

エンプレスをデザインした佐野氏に一番の責任はあるのだろうが、この森元総理の「えらい目に遭った」発言が、今回の体制をズバリ物語ったかたちと言えるだろう。

森元総理は自分がこの問題の責任者では無く、私は被害者で火の粉を被ったと思っている。

オリンピックを開催するに当たり、日本は安全であり、しかもオリンピック開催に関しての不安が無く「最も信頼できる国」だった筈なのだが、新国立競技場問題に続きエンブレム問題で一気に「信頼できない国」、「信用度の低い国」になってしまった。

全くもって情けない話である。」