2016年7月14日木曜日

陛下のお気持ちを最優先で考えて頂きたい。


一国民が陛下の事を論じるのは如何なものか?とも思うが、陛下ご自身が望まれることは、何としても実現して頂きたい。
一国民として、皇室典範の決め事や宮内庁の意向はどうであれ、陛下ご自身の意向は大切にして頂きたいと心底から思います。