2008年6月26日木曜日

景気の実感とマスコミ報道

賃貸に限った話しですが、一旦部屋が空くと次が決まらず、賃料を下げてもそれでも決まらない!



こんな現象が最近顕著になってきています。



綺麗にリフォームし、設備も充実し、それでも決まらない!



6月24日号の住宅新報一面トップ記事を見て納得です。



上昇は仙台のみ!で、その他は横ばいと下落となっていました。



何があっても、需要と供給のバランスをしっかり把握しておかないと取り残されてしまう時代(生き残り)が本当に来てしまったようです。



古き良き時代の、みんなで仲良く!は日本でもそろそろ終わったというのが本当のところではないでしょうか?



真剣に考えていきましょう!これは自分にも言い聞かせている事です。・・・・