2009年2月21日土曜日

そんなに甘くは無かった・・・

アメリカのマスコミにもスーパースター級の扱いで迎えられ、莫大な経済効果をもたらしている石川遼ではあったが、さすがにUSPGAのレベルは高く、初参戦の若武者にはやはり敷居が高かったようでした。



ノーザン・トラスト・オープンが開催されているリビエラCCは、タイガーウッズも初参戦した時は予選落ちしたらしく、層の厚いUSPGAはそれなりの経験を積まないと、その入り口すら通過出来ないという厳しい世界でした。



今までの勢いと流れからしてもしかしたら「ビギナーズラック!」があり得るかと?と内心思ってもいたのですが、やはり世界のレベルは高く、「そんなに甘くは無かった!」というところです。



しかし人一倍学習能力の高い彼のこと、この予選落ちで学んだ事はかなりの部分で彼のキャリアとなって反映されることでしょう。



マスターズに「初参加で予選通過」は100%無理と断言する人もかなり多くいますが、アメリカンドリームを最初からやってのけるだけの勢いと流れを彼は持っているはずだと私は信じ、マスターズ開幕までワクワクしながら待っています。