2009年6月29日月曜日

石川遼の名言、「急がば回るな!」

プロゴルファーの石川遼がまたしても見せてくれました!



ただ、淡々と勝つ!訳ではなく、途中まではぶっちぎりの優勝かと思わせ、いきなりOB二連発で9打。



普通ならここで動揺し、ガタガタに崩れるのだろうが次のホールでいきなりチップインイーグル。



この辺りの上下幅の大きさ、落差が激しいところも石川遼の普通ではない魅力の一部なのかもしれません。



それにしてもインターネットの普及で世の中の常識も少しづつ変化し、「不言実行」を美徳とした時代から「有言実行」に変わり、「急がば回れ!」という格言も石川遼の出現で「急がば回るな!」に変わった。



まさに時代背景を象徴したような名言だが、それだけ世の中のスピードが速くなり、安全策で迂回していては、世界レベルで戦うことは不可能だ!と言うことなのでしょう。



しかし優勝出来るだけの運の強さや技術レベル・体力・気力・集中力、それより驚かされるのは優勝インタビューでのコメントです。



彼は何かのコメントを求められた時に必ずファンや周囲の人を意識した発言をします。



今回は、奇跡のチップインイーグルについてこのように述べていました。
「応援してくれる皆さんの入れ!という気持ちがあったから入った。」



普通のプロならば、「何としても入れなければと思って打った」、または「絶対に入れるつもりで打った」、あるいは「いや~運が良かった。」etc・・・・と多分言うでしょう。



自分中心の発言ではなく周囲の人たちやファンを意識し、ファンの応援のお陰で自分が存在していると言うことをしっかり表現出来るのはこの若さにしてどこで学習したのでしょう?



それにしても「急がば回るな!」、時代背景を象徴した名言です。



またしても石川遼にパワーを貰いました。有り難う。