2009年8月9日日曜日

衆議院選挙夏の陣、いよいよ本格化

昨晩、練馬文化センター大ホール(約1,500名収容)にて東京第9区から立候補する菅原一秀候補者(現職)の後援会総決起大会が開催されました。



大雨洪水警報が発令され、丁度出かけようとした時間帯に大雨が降ったにもかかわらず、練馬文化センターに到着すると人・人・人・・・・



19:00の開始時間には既に満席で後の方は立ち見となり、主催者発表で約2,000人からの後援者及び各種団体の長が集いました。



ゲストは大勢のSPにガードされた舛添要一厚生労働大臣、石原のぶてる自民党幹事長代理の2名でした。



今回の衆院選は、前回の都議選で吹き荒れた民主の風を警戒し、かつて無い程の気合いの入りようでした。



理想論を掲げるだけで裏付けが無く、民主党に実行力は無いと主張する自民党。



政権交代そのものが主目的のようになっている民主党。



さてさて風はどっちに吹くのでしょうか?



10日月曜日の晩には、練馬区の一部も入っている東京10区から立候補する小池ゆりこ候補者の拡大選対会議も開催されます。



公示日まで残り10日、冷夏となった涼しい夏、世間はお盆休みに突入するこの時期に、熱い熱い戦いがいよいよ始まります。



Photo_3



Photo_4