2010年8月30日月曜日

今年の暑さはいつまで続く?

この異常な暑さがいったいいつまで続くのか?気象庁その他の予想を調べようと、『今年の暑さはいつまで続く?』をキーワードに調べてみると、何と暑さ絡みのブログが多いこと!多いこと!


Googleで10ページほどめくってみたがその殆どが「暑い暑い」と言ったコメント的なブログ。
その中で、専門家である気象予報士の方が書いているブログ「気象予報士Kasayanのお天気放談」が有りましたが8月上旬のものでした。


明日で8月も終ろうというのに今日も猛暑日で35℃を超える予想が出ています。
この35℃超えの猛暑日は9月上旬も続き、30℃超の真夏日は9月いっぱい続きそうとの予報も出ています。
「気象庁の季節予報」でも、9月いっぱいは猛暑が続くような予報となっていました。


こんな時は夜更しせず、疲労を貯めないように早寝早起きが一番良いのかも知れません。


しかし寝る時にエアコンをつけるのが嫌いな私は、確か昨年は2~3回ほどしかエアコンをつけた記憶がないのですが、今年はさすがにエアコン無しでは眠れず、エアコンをつけなかったのが2~3回程度と昨年と逆転してしまいました。


ところで例年は梅雨明けから夏場に掛け、空室物件(特に戸建やアパートの1階部分)の畳が黴びないよう、週に2~3回ほど通風したり、場合によっては畳を上げ、しかも昼間はエアコンをかけたりとカビ防止に忙しい時期でもあります。


今年は異常に暑かったのでかなりカビを心配したのですが予想に反しカビの発生無し!、
空室物件の立地がたまたま良かったのか?理由は分らないのですが、締切ったままでもカビの発生が今までのところ発生していません。


気温が上がりすぎて逆に湿気をも蒸発させてしまったのでしょうか?


そういえば夏の終り頃には夕方になると夕立が降ったりしたのですが、今年はそれもないですね!
台風の発生も例年より少ない気がします。


天候が荒れるのは好まないですが、雨が降って少しは気温が下がって欲しいと願うばかりです。


景気の後退局面は末端では益々加速しているような感があり、空室も益々増えそうな状況にある不動産業界。
天候だけではなく、景気の先行きもまだまだ厳しい状況が続きそうです。