2014年4月5日土曜日

漏水発生緊急対応-4 「ビンゴ」

最初に開口した部分の給湯管。

「シュー」と言う結構大きな音を出しながら、給湯管のエルボー部分から水が吹き出していました。


とても作業がし難い場所では有りますが、とりあえず場所の特定作業完了です。

床下の給湯管は他にもL形に曲がったエルボー部分が有るので将来的な不安は残る物の、今日のところは漏水個所の特定が出来ました。

これからピンホールが空いたエルボー部分の入替を行い、開口部分を塞ぎ、そして洗濯機その他を元に戻して作業完了となります。

これがピンホールが出来たエルボー部分で、青く光っている部分が小さなピンホールです。


弊社でいつも漏水の度に無理をお願いしている水道110番と言う会社。
ここの職人さん達は仕事が的確で丁寧なので、いつも信頼感を持ちながら安心して任せておけます。

今回の現場は2年前にも同じような漏水事故が発生した分譲マンションの他の部屋です。

保険などの関係上、マンション管理会社の緊急センターに電話するも、土曜日とあって電話に出たのは女性オペレーターです。

全く話しが伝わらず、緊急センターと言いながら漏水事故の対応が全く出来ない状態です。

思い出せば2年前も緊急センターで手配が出来ない為、「弊社で水道110番に頼んだ」と言う記録が残っていました。

大手マンション管理会社が提携している水道工事会社はバッキング交換ぐらいしか出来ないのでしょうか。

ここでは無い別の分譲賃貸マンションで以前漏水事故が発生した際、夜と言う事もあって入居者の方がTVCMでお馴染みの「24時間対応水のトラブル」を謳う会社に電話したところ、駆けつけた担当者曰く「私の手には負えない」と言って帰えってしまったと言う呆れた事が有りました。

その時も困り果てた入居者の方が弊社に助けを求め、私の方で夜中に水道110番にお願いした事が有りました。

漏水、特にマンションの場合は漏水個所の特定が困難を極める為、スキルの高い経験豊かな職人さんで無いと原因究明が出来ないと言う事になります。

過去には漏水個所の特定だけで丸々二日を要し、復旧したら今度は一ヶ月後に別の個所から新たな漏水が発生したなんて事も有りました。

本当にマンションの漏水は大変です。