2012年5月6日日曜日

「原発ゼロの日」に向けて・・・

原発ゼロ今朝の新聞の一面トップを飾ったのは「原発ゼロ分岐点、国内全50基停止」。


北海道電力泊原発3号機が定期検査で発電を停止し、これで国内に50基ある原子力発電所が全て停止したことになります。


昨年3月11日、福島第一原子力発電所で発生したのあれだけの大きな事故を受け、どんなに便利でも、どんなにコストが抑えられても、『人間が自分で制御できない道具は使ってはいけない!』と言うことを嫌と言うほど頭の中に叩き込まれました。


関係者は「原発は安全!」と言っていますが、100%安全などというものは存在する筈もなく、万一制御不能になり、壊れた時の損害の大きさ、その影響が及ぶ範囲と期間の長さ、を考えると、原発は他の発電システムとは全く異次元の危険性を秘めています。


日本は戦後戦うことをしないために憲法9条で交戦権を否定し、「軍隊を持たない・戦争をしない」ことを法で定め公言してきた。


そこにもう一つ「原発を持たない」を加え、日本のためだけではなく、世界のためにも原子力の使い方は人間が制御できる範囲に限定すべきであり、事故の可能性がゼロではない原子力発電所は廃止するべきだと考えます。


1979年のスリーマイル島(アメリカ)・1986年のチェルノブイリ(ソビエト、現ウクライナ)、そして2011年3月の福島第一原発事故。
致命的なメルトダウン事故はこのように世界で三回も起きており、これらのことを教訓にすると事故が100%起きない原発などあり得ないと言うことです。


今夏の電力不足は-15%程度と言われていますが、皆で節電に協力すれば30%~40%は不可能でも、10%~20%程度であれば皆で協力して我慢しあえば達成できる数値ではないかと思っています。


今年は早くも5月1日からクールビズがスタート、軽装で暑さ対策を行い、ラビットホームズ株式会社は徹底した節電を実施して節電に協力します。


日本からそして世界から原発を無くすために。