2009年7月14日火曜日

都議会議員選挙報告会

9日間に及ぶ選挙戦が終わり昨日が投票日。



練馬区の選挙結果は、当初の予想通り公明党の新人小林けんじ候補がトップ当選し、民主党の二人(新人中谷祐二候補・現職野上幸絵候補)と自民党の現職高橋かずみ候補が続き、その次も民主党の若手、浅野克彦候補が続きました。



ここまでで5議席、練馬の残りはあとひとつです。



予想では共産党も堅いだろうと思われていたのですが、最後の最後、僅差で自民党現職の山加あけみ候補が競り勝って当選しました。



その差僅か1590票です。



これで練馬区は現職自民党2議席を失うことなく確保することが出来ましたが、民主党の勢いの凄さには本当に大きな波が押し寄せているというのを実感した次第です。



自公を推薦している東京都不動産政治連盟の東京本部からは、選挙の始まる前から練馬区支部へ当然のことながら協力要請が来ていました。



選挙前から苦戦が予想され、山加あけみの選対からも我々宅建協会に協力要請が来ており、連日2名づつ電話掛けのお手伝いに行かせていただきました。
電話掛けその他仕事の時間を割いてご協力いただいた練馬区支部役員、及び会員の皆様本当に有り難うございました。



暑い最中みんなで協力して応援した候補者が僅差とは言え当選すると正直嬉しいものです。



今日13:00からは高橋かずみ候補者の選挙事務所にて、15:00からは山加あけみ候補者の選挙事務所にて当選報告会が催され、候補者本人はもちろん、選対や多数の支援者が勝利を喜んでいました。



そんな最中、21日の週に解散、8月30日投開票というニュースが飛び込み、暑い夏の戦いは盆休み開けから更に暑さを増してやってきそうです。