2009年7月17日金曜日

タイガーウッズは世界のお手本では無くなった・・・

昨晩、全英オープン予選初日の模様をテレビ中継しており、風邪気味だから早く寝ようと思いつつ見入ってしまいました。



世界中が注目する石川遼は、何と彼がお手本・目標として尊敬している文句無しのスーパースター「タイガー・ウッズ」そして、英国ではタイガー以上に人気と実力も兼ね備えた「リー・ウエストウッド」と同じ組でのスタートである。



同じプロとは言え、17歳の若者にとっては二人のスーパースターに挟まれてのプレーは緊張しない訳が無く、最初から崩れてしまうのかな?と心配しつつ見ていました。



フロントナイインは少し緊張しているようにも見えたが後半はびっくり。



実に落ち着いたプレーでリー・ウエストウッドと同じくツーアンダーでフィニッシュしたのにはびっくりしました。



英国特有の風が無く、晴れ間も出る好天だったせいもあるでしょうが、危なげないゴルフに少し期待感が沸いてきました。



その一方でがっかりさせられる映像が何度か写り、私だけではなく見ていて嫌な気分になった方はかなり多かったのではないでしょうか。



それはタイガー・ウッズ。



勝負だから闘争心を顕わにするのは必要なことかもしれないですが、ゴルフは昔から言われるように紳士のスポーツ。



調子が悪くミスショットにいらついて地面にクラブを叩き付けるシーンは正直見たくありません。



そんなシーンが三度ほどあり、究極はつばを吐き捨てるシーンでした。



おそらく一緒に回っていた石川遼も、あこがれのスーパースターの好ましくない仕草に正直がっかりしたのではないでしょうか?



過去にもスーパースターと言われ、グランドスラムを達成した著名なゴルファーたちが、クラブを叩き付け、つばを吐くシーンは記憶にありません。



ジャック・ニクラウスしかり、アーノルド・パーマーしかり。



最近ではジュニア養成も熱心に行われており、これからゴルフを目指そうとする子供たちがこのシーンを見てどう思うか?



石川遼には、間違った闘争心を身につけて欲しくないものです。